今後は、既存のデータに関しては、

  • 画像や音声などの属性情報といわれる関連情報の充実
  • 最新データへの更新

のほか、これまではそれほど扱わなかった分野である

  • 社会・文化情報の充実
  • 暮らしに密着した生活関連情報の充実強化

とともに、地域の大学や学校とのLinkを図っていくこととしています。